年長児の藍染体験。

昨年まではTシャツでしたが、今年は卒園しても使えるお弁当包みを染めました。

保護者の方に名前を刺繍してもらい、

子ども達が輪ゴムで絞りった白い布を染料の中へ投入。

ちなみに、

染料の藍は、

昨年末に園の畑で栽培し乾燥させ真空パックで保管していた自前の藍を使用。

5分ほど染料に漬けて、

取り出すと綺麗な黄緑色。

鼻をつまんでいる子がいますが、

独特の香りが漂っています。

この生地を空気に触れさせて酸化を促すと、

藍色に染まっていきます。

 

この作業を3回繰り返し、

水洗いした後に、

酢を入れた水に付け、

しっかりと水洗いをして乾燥。

染料から手作りし、

綺麗な藍色に染まった、

個性的な弁当包みが出来上がりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です