MENUCLOSE
めぶきの森ブログ

記事一覧

  • 2020.2.7

    妙義焼の陶芸家で、卒園児のお父さんでもある吉田さんに来園していただき年長児に焼き物指導をして頂きました。 まずは、 ろくろの使い方と粘土の乗せ方から。 底の部分を丸く作ったら、 粘土をひも状に伸ばし積み上げていきます。 1つ1つ丁寧に。 形を作っていきます。 最後は吉田さんに仕上げて頂き完成。 …

  • 2020.2.6

    年少児のソリ滑りで長野県佐久市にあるパラダへ行ってきました。 ここ数年は雪が少ない少ないと言っても、 人工雪を使ってゲレンデではスキーやスノボーを楽しむ方がいたのですが・・・ 今年はゲレンデには全く雪がありませんでした。 ソリ専用ゲレンデは北側を向いていますので、 かろうじて雪があったので子ども達はソリ滑りを楽しみました。 昼食はレストランでカレ…

  • 2020.2.3

    今日は節分。 めぶきの森では年長児が手作りお面をかぶって各クラスを回り、 泣き虫鬼と、 怒りんぼ鬼を追い出し、 最後は、 年長児の鬼も追い出されてしまうという不思議な習慣(笑) 今年も年度で各自が鬼の型を作り、 そのへ和紙を何重にも張り付け色と付けた個性的なお面が完成しました。 このお面は年長児の作品として3月1日に開催される地元の文化祭に出…

  • 2020.1.28

    年長児の2泊3日のスキーお泊り。 先週の年中児と同じ尾瀬岩鞍スキーリゾートへ行ってきました。 1日目は午前10時過ぎにスキー場に到着。 22名の園児に対して私を含めた職員が5名、インストラクターが4名の体制でスキーのレッスンがスタート。 ほとんどの子どもがスキー初挑戦。 まずは右足にスキーを履いて、次に左足、そして両足と雪の上を滑る感覚を覚えます。 …

  • 2020.1.24

    年長児が卒園式の劇発表できる衣装につける刺繍を始めました。 国基準では年長児30名までは1人の職員で保育をすることになっていますが、 刺繍は危険を伴う作業でもありますので、 保育教諭フル動員です(笑) 針に糸を通す作業は集中力が必要になります! ちなみに、 園長のような年齢になると眼が・・・ 子ども達は真剣に、 もくもくと作業に集中し…