本日、富岡市と幼保連携型認定こども園めぶきの森は、災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定を締結しました。

災害発生時に乳幼児や妊産婦さんの避難所として開放し、避難生活を送ってもらえることを目的とした協定です。

「困ったときはお互い様」ではありませんが、認定こども園として出来ることはやっていきたいと思います。

園にとっても、

行政に避難所に指定して頂く事は、地域の方への認知度の上昇と共に、自然災害等に対する立地や建物の耐震性などの「安全」をアピールできる絶好の機会と捉えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です