めぶきの森では年少・年中・年長児が鯉のぼりを作るのが恒例行事。

年少児は小さな鯉のぼり。

赤いウロコは子ども達の手形です。

年中児は吹き流し。

子ども達が布を染めて白い部分には絵が描いてあります。

年長児は大きな鯉のぼり。

ウロコの部分に絵が書いてあり水性江絵の具で色付けされています。

芝生広場では、

2歳児が風車を手に元気に走り回っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です