富岡市内の少年サッカーチーム「上州TICK」の関係者の方が年長児にサッカー教室を開いてくれました。

午後1時30分からの1時間。

準備運動から体を温めるための鬼ごっこ。

2グループに分かれて、

鬼に見立てたコーンをやっつける。

先にてっぺんにある緑色のコーンを落としたら勝ち!

というゲームに挑戦。

サッカーを教えるというよりも、

サッカーボールを使って子ども達が楽しく体を動かすことを大切にしたプログラム。

最後は試合を行いましたが、

1つのボールを皆で追うのではなく、

複数のボールを使い、

全員が楽しくボールを追って、

ゴールを目指す。

あるいは、

ゴールを守る。

子ども達も楽しかったようで、

また機会があれば是非お願いしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です