先日、子ども達が掴まえてきたイナゴ。

そのイナゴを使っての佃煮つくりを体験しました。

昔の人になっては貴重なタンパク源だったイナゴ。
今でもお土産として売っている地方もあります。
まずは、
熱湯のお風呂へ。

緑がかったイナゴたちはお風呂から上がると赤く変色。

しっかり乾燥させて足を取ります。

そして、
甘じょっぱく味付けをすればイナゴの佃煮の完成。

年中・年長児の世帯にはイナゴのお土産もありましたが・・・
美味しく食べて頂けたでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です