クラスごとに行っている行事で、先月の年中児親子に続き今月は年長児。

内容はクラスによって違いますが、親子で楽しい時間を過ごして給食を味わうというのが目的です。

まずは、

親子で木工作業。

盆踊りで飾る提灯の木枠づくりです。

お父さんやお母さんと一緒にノコギリと金づちを使い慎重に作っていました。

次は親子リズム。

子ども達が園で頑張っているリズムを保護者の方にも経験してもらい、親子の絆が深まってくれる事を期待しています。

子ども達も目をキラキラさせながら応援していました。

ただ・・・

皆さん思うように体が動かないようでした(笑)

沢山体を動かせはお腹がすきます。

お楽しみの試食会ですが・・・

ご飯は自分達で炊いてもらいました。

350mmの空き缶を2つ使い。

1つは年中児のキャンプでも作ったように飯盒の代わり。

もう1つはかまどの代わりにし、細かく切った紙パックを燃料に焚き上げます。

電気がなくても、十分な機材が揃わなくても。

ちょっとした工夫でご飯が作れます!

自分達で炊いたご飯に合わせるのは、給食室の大きな回転釜で作ったカレー。

子ども達の普段とは違う嬉しそうな表情も見ると、やっぱりやって良かったなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です