年長児が脱穀作業を体験しました。

使うのは・・・

おそらく昭和初期制の足踏み脱穀機。

自分たちが田植えをし、

鎌を使って稲刈りをし、

天日干しをした稲を手に、

足で踏みながらの脱穀に挑戦。

脱穀機で取り切れなかった稲は、

1粒1粒ていねいに手で穂から外していきました。

今年の出来は正直に言ってイマイチでしたが、

自分たちで育てた稲ですから、

最後まで集中して作業を終えることが出来ました。

収穫した米は最終的に新嘗祭で給食として提供される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です