尾瀬岩鞍スキーリゾートでの年中児ソリお泊り。

今年もゲレンデの目の前にある「うめや」さんにお世話になりました。

午前9時に園を出発し到着したのが午前11時少し前。

部屋に入って荷物を整理し昼食のカレーを食べて、

いざ、ゲレンデへ!

天気は雪。

今年は降雪量が少なく久しぶりの雪だそうですが・・・

何もこの日に当たらなくても(笑)

ソリゲレンデは貸し切り状態。

斜面を登って滑って、

登って滑って、

かなりの運動量だったと思います。

午後のおやつを挟んで、

再びソリ。

午後4時半ごろまで目一杯楽しんだ子どもたち。

薄暗くなり始めたころに、

うめやさんの前で小さなかまくらを作りロウソクの灯をともしてみました。

子どもたちがソリ遊びを楽しんでいる間に・・・

私がスコップで作ったかまくらにもロウソクを。

子どもが4,5人は入れる大きさのかまくら。

重労働でした(汗)

午後6時から夕食。

卵アレルギーを持つ園児にも対応した食事を提供していただきました。

そして、

お風呂に入り、

自分たちで布団を敷いて、

紙芝居を読んで、

午後8時過ぎには就寝。

2日目の朝は午前7時起床で8時から朝食。

9時過ぎにはゲレンデ。

本当に元気な子どもたちです。

午前中のおやつは・・・

雪の中に隠したお菓子と、

ホットココア。

11時半ごろまでしっかりと雪遊びを楽しみました。

手作りうどんの昼食を食べて、

午後3時半過ぎには無事に園に戻りました。

季節の遊びや体験を大切にしたいと考えると冬の雪は外せません。

単なる雪遊びではなく、

子どもを成長させる機会にしたいと考えてのお泊り。

親元を離れ一晩を過ごすことで子どもたちは大きな自信を身につけます。

年長児のソリは、そんな思いを込めての冬の一大行事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です