昨日・今日と年中児がキャンプに行って来ました。

先月の年長児キャンプは自分たちでテントを張りましたが、年中児は全員が泊まれる大きなバンガロー。

梅雨の中休み?

昨日は爽やかな風が子ども達を迎えてくれました。

9時前に園を出発しキャンプ場に到着したのが10時過ぎ、バンガローに荷物意を運びキャンプ場裏にある高倉山を登り始めました。

一昨日の榛名富士よりは登りやすい山。

1時間足らずで山頂へ到着。

美味しいお弁当を食べました!

がんばって山を登った後に食べる愛情のこもったお弁当は笑顔と体力の源です。

山を下りた後はキャンプ場内の散策。

ヤギに葉っぱをあげたり。

おじさん達が羊の毛を切っている様子を見学したり。

野生のキツネを見つけたりと楽しい時間を過ごしました。

そして夕食作り。

年中児は家から持ってきた350mlのアルミ缶でご飯を炊きました。

炊飯器のスイッチを押せば簡単にご飯が炊ける時代ですが、電気を使わずに、しかも普段はゴミとして捨てる空き缶でご飯が炊けることに驚く子ども達でした。

そして晩ご飯。

半数以上の子どもがお代わりをしてくれて、園長としても煙の中で作った甲斐がありました。

さあ!

次はお楽しみの花火!!

という時に降り出した雨・・・

あと30分待ってくれればと恨めしく空を見上げました。

それでも、

違う楽しみを探すのが子ども達。

バンガローの中でわいわいガヤガヤとマクラ投げならぬ寝袋投げ(?)でしっかり遊び。

午後8時前には電気を消しました。

今朝は6時前からヒソヒソ声が聞こえ始めたバンガロー内。

職員は午前7時半からの朝食準備。

ここ登場するのが段ボール製の魔法のオーブン。

5分ほどで焼きたてのようなパンが出来上がります。

朝食もしっかりと食べられました。

本来であれば帰りに公園で遊んで来ようと思っていたのですが・・・

天気には勝てませんでした。

午前10時過ぎには無事に園に戻って来ました。

親元を離れて1泊2日。

夕食作りや寝袋を経験した子ども達。

まるまる1日半一緒にいると普段は見えない個性も見えてきます(笑)

ちょっぴりたくましくなった年中児でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です