妙義焼の陶芸家で、卒園児のお父さんでもある吉田さんに来園していただき年長児に焼き物指導をして頂きました。

まずは、

ろくろの使い方と粘土の乗せ方から。

底の部分を丸く作ったら、

粘土をひも状に伸ばし積み上げていきます。

1つ1つ丁寧に。

形を作っていきます。

最後は吉田さんに仕上げて頂き完成。

完成した作品は吉田さんに窯で焼き、

園に持って来ていただく予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です