妙義焼の陶芸家である吉田さん(卒園児保護者)をお招きして年長児が陶芸づくりに挑戦しました。

まずは、

ろくろに底の部分となる丸い粘土を作ります。

次に、

粘土をちぎり、

細長くひも状にして形を作っていきます。

1人1人が違う、

個性的な作品。

子ども達は集中力を切らさずに、

最後まで作品作りに没頭していました。

出来上がった作品は、

吉田さんの窯で焼き上げます。

完成が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です