めぶきの森の鯉のぼりは妙義保育園の時代から、年少・年中・年長児の手作りです。

その鯉のぼりを今日はみんなの前であげました。

新園舎ではポールを常設したので職員の仕事は1つ減りました(笑)

年長児は大きな鯉のぼり。

ウロコの1つ1つを園児が描きました。

年中児は吹き流し。

生地の染めは職員が行いました。

年少児は小さな鯉のぼり。

園児の手形でウロコを仕上げました。

2階の事務所からもよく見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です